中古車ガイド

中古車ガイドイメージ 中古車ガイドイメージ
U-CAR GUIDE WEB 中古車ガイドイメージ 

Pickup News2018年4月26日

「カーチス&カーベル倶楽部」が発足
自社在庫業販、輸出など業務提携で合意 - カーチス カーベル -

業務提携の調印書を交わす(写真左から)岩岸勇カーチス社長、
西牟田泰央カーチスホールディングス社長、伊藤一正カーベル社長

4 月9 日、カーチス(岩岸勇社長)とカーベル(伊藤一正社長)が販売に関する業務提携に合意、新たに「カーチス&カーベル倶楽部」を発足し、東京・ロイヤルパークホテルにて、両社代表による調印式および記者会見を行なった。

「カーチス&カーベル倶楽部」は「クルマが売れない」という現場の販売不振の現況に対処するため、「両FC 本部がお互いの強みを活かすことで、ウィンウィンの関係を構築する」(岩岸勇カーチス社長)ことを目的に業務提携に至った。

カーチスグループが運営する自社業販サイト「カーチス倶楽部」には、買取りで仕入れた常時3000 台から5000 台の在庫がある。この車両をカーベル加盟店は最短で即日の納車ができる。AA を通さないためワンプライスで確実、落札手数料も無料という優位な条件での仕入れが可能になる。

カーベル店舗に下取り車両が持ち込まれた際には、カーチス店舗から出張査定士の支援を受けることができる。

また、カーチスグループの自動車部品、用品販売を手掛けるタカトクからクルマのメンテナンスに関する好条件での取引も含まれる。

国内流通に加え、中古車輸出にも提携メリットは拡がる。カーチスグループのアガスタでは、80ヵ国と取引実績があり、累計販売台数17 万台を誇る。4 月18 日からは韓国ナンバーワンの「ロッテ・オートオークション」とのアライアンスも始動し海外ポータルサイト「Pick’n Buy24」を運営している。そこを通じて、カーベル加盟店は自社在庫車やレンタカーアップした車両の販売ルートを確保したことになる。輸出に関わる代金回収や輸送といった面倒な手続きもアガスタが代行する。

今回の業務提携に際し、西牟田泰央カーチスホールディングス社長は「カーチスグループが持っている輸出や部品といった強みを活かし、グループの総力を上げてクルマの流通量を増やしていきたい」。

岩岸勇カーチス社長も「急成長しているカーベルと組ませていただくことで、お互いにメリットが期待できる」と述べた。

一方、伊藤一正カーベル社長は「プロレスにもひとりで闘うシングルマッチと2 人で組むタッグマッチがある。カーベルはシングルでもタッグでも闘えるオールラウンダーであるところをお見せしたい」と趣味のプロレスを引き合いに出して意気込みを語った。

さらに「両FC で商圏が被る店舗は、12 店舗だけです。4 月9 日から全国11 都市をキャラバンする加盟店を対象にした春の勉強会で紹介しますが、別途の入会金や会費は無料なので、ほとんどの加盟店が入会に賛同されるのではないか」と伊藤社長は述べた。

「カーチス&カーベル倶楽部」の年間売上げ目標は、15 億円をめざす。


ページTOPへ