中古車ガイド

中古車ガイドイメージ 中古車ガイドイメージ
U-CAR GUIDE WEB 中古車ガイドイメージ 

Pickup News2017年12月21日発信-2

一括査定事業の配信率が対前年比117%
全体会議、基調講演、交流忘年会を開催- JADRI・日本自動車流通研究所-

 
記者会に臨む海津会長  

全国のクルマ買い取り事業会社78社が加盟する一般社団法人・日本自動車流通研究所(JADRI、磯貝哲也理事代表理事)が12月8日、品川プリンスホテルメインタワーで全体会議および基調講演、恒例の交流忘年会を開催した。

「共に勝つ」事業環境の創造を理念に掲げるJADRIの基幹活動である一括査定事業は、2016年12月から2017年11月のデータで、配信件数が59万6827件となり、前年同期の50万6827件より117%増加した。中古車流通におけるJADRIの情報シェアはさらに拡大している。

一方、成約率は2016年8月までの実績で12.6%。前年同期の14.7%より2.1%ダウンした。その要因として、①配信件数の増加を進めた結果、売約意欲の薄い車両の割合が増えた。②価格がつかない低年式車両が増えた。③新車、中古車の下取りの差し値が高くなったことが考えられる。

年々古いクルマが中古車流通市場に増えている点は日々の業務で実感しているが、JADRIの一括査定事業で配信される中古車情報でも経過10年以上のクルマの占める割合が50%以上を占め、2年前より2%もアップした。

車両の高齢化という現実を踏まえ、JRDRIでは事業コストの圧縮、情報の2次利用、配信方法の見直しを図っていく方針だ。

また、新規事業として人材紹介事業を11月からスタートした。

自動車整備士と板金作業員を対象に、JADRI会員へ無料で情報を提供し、マッチングの結果で雇用契約が結ばれた際に成功報酬を支払う。今後は営業職を対象に拡げることも検討中だ。

さらに基調講演では、立花雄樹・リクルートマーケティングパートナーズ執行役員と塚本春樹・ブランズマーケティング研究所代表が登壇した。

続いて行なわれた祝宴には、会員と来賓を合わせて約120名が顔を見せた。

磯貝哲也JADRI代表理事は「JADRIは今期11期を迎えるが、業界の発展に寄与し、引き続き中古車の質の向上していく活動を継続している。来年も事業環境の厳しさは続くと思うが、JADRIは買取りの業界団体として活発な意見交換を行ない、環境の変化に対応するための議論を通じて、業界の発展のために共に推進していきたい」と挨拶した。

来賓を代表して、一般社団法人・日本オートオークション協議会会長を務める荒井寿一・荒井商事会長が、「今年は業界全体で変化が激しい1年でした。年初にはUSSがJAAを買収してオークション流通のシェア40%以上を占めることとなり、後半には自動車を含めたメーカーの不祥事が続きました。環境、競争が厳しいなかであっても、お客さまのためになる努力をし続ける。前を向き続けることが求められる」と挨拶した。


ページTOPへ